ツリミミズ科 Lumbricidae

 日本産ツリミミズ科の検索表として、中村 (1972) や中村 (1999) があるが、旧来の分類を用いているため、属や種の詳細な再検討に基づく Easton (1981) や Sims & Gerard (1985)、Blakemore (2003, 2012) などの分類体系とは大きく異なっている。ここで用いている分類体系はほぼ Blakemore (2003, 2012) に基づいているが、最新の情報を取り入れて更新していく予定である。

 

 なお、フトミミズ科の検討を優先して整理しているため、ツリミミズ科については後回しにする予定。

 

 大石 (1934a) は大石・畑井で日本全国から集めた標本の中から 3 新種と 7 未知種を整理したが、その後未知種は記載されていない。なお、この 7 未知種の中に、Eiseniella 属 1 種、Eisenia 属 2 種、Bimastus 属 1 種、Allolobophora 属 3 種を見出している。

 関東以南ではツリミミズ科種数は極めて少なく、関東以南には、クロイロツリミミズ、サクラミミズ、シマミミズの 3 種しか分布しないと報告している (大石, 1934a)。また、特に九州では極めて貧弱である (上平, 2004b, 2010, 2012)。


 コンポストミミズとして、アカミミズ Lumbricus rubellus が日本でも確認されたとの情報があるが、中村 (1991) や Blakemore (2003) は確認できていないとしている。

バライロツリミミズ属 Aporrectodea

ヒメツリミミズ属 Bimastos

 小林 (1941d) は、属の和名をコツリミミズ属としている。

ムラサキツリミミズ属 Dendrobaena

フクロナシツリミミズ属 Dendrodrilus

シマミミズ属 Eisenia

 小林 (1941d) は、属の和名をアカイロツリミミズとしている。

Eiseniella

オウシュウツリミミズ属 Lumbricus

引用文献

上平幸好, 2004b. 九州地方における陸棲貧毛類の調査報告I. ―宮崎県で採集された種類と分布―. 函館大学論究 35: 91-102.

上平幸好, 2010. 九州地方における陸棲貧毛類の調査報告III. -佐賀県で採集された種類と分布―. 函館短期大学紀要 36: 35-42.

上平幸好, 2012. 九州地方における陸棲貧毛類の調査報告IV. -大分県で採集された種類と分布―. 函館短期大学紀要 38: 41-49.

小林新二郎, 1941d. 西日本に於ける陸棲貧毛類の分布概況. 動物学雑誌 53(8): 371-384.

大石實, 1934a. 邦産ツリミミズ科(Lumbricidae)の分類と分布に就て(予報). 動物学雑誌46(3): 103-104.